長期放浪冒険旅行

endodyssey.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 31日

8/31(日) メロスフィルハーモニー「第九」特別演奏会

メロスフィルハーモニー「第九」特別演奏会
2008年8月31日(日) すみだトリフォニーホール
ベートーベン/交響曲第9番《合唱付き》


友人が参加しているメロスフィルの第九をすみだトリフォニーで聴いてきました。チケットをあまり見ていなかったのですが、全席自由のようで着いてから座席を考えましたが、後ろより前目がスカスカだったので15列目ほどの右側あたりにポジションを取りました。

さて、第九。私自身は年末に聴くという習慣はありませんが、日本人が浴びるドイツ語ではかなりトップのほうに近いのではないかと思うほど根源的に刻まれている交響曲第9番第4楽章ですが、今回の演奏ではそれに至る過程である第1,2,3楽章を個人的に注意深く聴いてみました。

1楽章の音の連なりは圧巻だったし、それを受けた2楽章は曲の構築を緻密に行っている姿が演奏に表れ、非常に内省的であり美しい旋律が聴き所の3楽章と見所が非常に多かったです。

が、やはりそれらを否定して否定して最後に行き着く第4楽章。聴衆が上り坂を全速力で駆け上がった後、ジェットコースターのごとくストンと落ちる瞬間を(もしくは人間の感情が爆発する場面を投影したいのか)見届けるためにそこにいたのかと思うくらい待ち望んでいたわけですが、今日のコンサートも爆発いたしました。合唱の皆様は60分もの間出番をずっと舞台の上で待ち焦がれ爪を研ぎ、その瞬間にしっかりと感情を音化するというのは見ていて感心するばかりです。

というわけで、8月を締めくくるに素晴らしい第九のコンサートを聴くことができました。メロスフィルはあまり存じ上げてなかったのですが、アマチュアオケだったのですね。しかし、フレッシュであり非常に技術レベルの高いオケだと感じたので、音楽的な綻びをほとんど気にせず
に音楽を楽しめたのは非常に収穫でした。

■メロスフィルハーモニー「第九」特別演奏会
http://orchestra.musicinfo.co.jp/~melos/
日時: 2008年8月31日(日) 開場13:45、開演14:30
場所: すみだトリフォニーホール
曲目: ベートーベン/交響曲第9番《合唱付き》
指揮: 中田延亮(メロスフィルハーモニー音楽監督)
独唱: スザンネ・エレン・キルヒェッシュ、庄司祐美、吉田浩之、ヴェセリン・ストイコフ
合唱: 晋友会合唱団
[PR]

by endodyssey | 2008-08-31 19:26 | 音楽
2008年 08月 30日

高木正勝個展「イタコ」

d0010869_1541016.jpg


東京・白金にあるギャラリー山本現代に個展を見に行きました。

映像と音楽のクリエーター、高木正勝さんの個展です。

個展は映像作品の「Tidal」(2007年)と「Lava」(2008年) の2作品を3つのスクリーンで流し続け、奥の部屋には今までの作品群として1本のビデオ(5分くらい)を見ることができました。

写真1枚目が「Lava」(2008年) でモノクロトーンで人間(彫像?)が解け行くさまをイメージしたもの。これが「イタコ」になったのかはわかりませんが。

2枚目が「Tidal」(2007年)。外国と思しき少女の顔と髪の毛で構成され、髪の毛が生き物のようにわらわらと動く様子をダイナミックに表しています。

個人的には「Tidal」が気に入りました。「girls」の音楽のような温かさと躍動性を持った映像を音楽が上手く表現してすばらしい作品に昇華されています。少女の笑顔が特徴ですが、それ以上に髪の毛の動きが大半なため、髪が意思を持って少女を動かしている(もしくは回転している)かのようです。

また、この日がオープニングだったので、レセプションもあったようですが一般人が入れるのかどうか定かではなく、また空腹でちょっとふらふらしていたので1時間ほどで退去しました。

しかし、奥の部屋のそのまた奥の部屋をガラッと開けたら、高木正勝さん本人がおいでになってまして、ドア越しにほげーっと眺めていました。突入するのもアレでしたが。ちょっとそこが不明瞭だったのでスタッフの人が仕切っていただければなぁと思いました。

10月に2年ぶりのコンサートも行われるようで、私も2日分のチケットをゲットしたのでますます楽しみになりました。生「girls」、「Private Drawing」、そして今回の「Tidal」が聴きたいところです。


***

■高木正勝個展「イタコ」
http://www.yamamotogendai.org/japanese/exhibition/index.html
日程:2008年8月30日 (土) ~9月27日 (土)
時間:11:00~19:00 ※金曜日は20時まで
休館日:日、月、祝日
入場料:無料
会場:山本現代 YAMAMOTO GENDAI
108-0072 東京都港区白金3-1-15-3F 
問合せ:山本現代 TEL :03-6383-0626
d0010869_1542495.jpg

[PR]

by endodyssey | 2008-08-30 23:55
2008年 08月 30日

「ダークナイト」鑑賞 in渋谷

今回見たダークナイトは自分ひとりだったらまず見に行かない映画なので、こうやって誘ってくれて見に行くというのは楽しいものです。んで、ダークナイトのナイトって騎士のほうなのね。日本人全員が突っ込むであろう。そして夜だと勘違いしただろう。暗闇の騎士(ダークナイト)とすればよかったのに。島田荘司みたいだけど。

ストーリーのネタばれはここでは避けますが、途中寝不足で眠りに落ちたのですが、筋はわかりやすく明瞭だったので、堕ちてもすぐに本線に戻れました。
狂気と破壊とワイヤーアクションの凄さが垣間見れる映画でした。ゾクゾクいたしました。
[PR]

by endodyssey | 2008-08-30 22:18
2008年 08月 29日

都市対抗野球in東京ドーム:日立1-2東邦ガス

d0010869_1562854.jpg

人生初の都市対抗野球観戦をしてきました。

18:10に後楽園駅に到着し、ビールと食料を買い(ドーム内は高いので)、いざドームへ。
と思いきやH側は長蛇の列。50分ほど、列に並んでようやく入場し、缶ビールをコップに入れ替え、3類側内野の3階席最上段に席が取れました。動員の成果か、Hが3階席を占領するという事態となりました。

一応H側を応援していましたが、正直中立チックな気持ちだったので、野球に集中するだけでなく、応援に聞き入ったり雰囲気を味わったり、タダ券分存分に野球観戦を楽しんできました。

さて、肝心の試合内容ですが、THガスが中盤にゲッツー崩れで先制。すぐさまHが4番のホームランで同点とするも追加点が奪えず、逆にTHガスにホームランを許してしまいそのまま試合終了というしょっぱい内容でした。

試合終了後、外に出たら滝のような雨で傘を持っていなかった私はずぶぬれになりながら水道橋駅にたどり着き、そのあと反省会という名のよくわからない飲みを水道橋にあるシンガポール料理屋で行って帰宅しました。

社会人野球はここまでタダ券連発でどのように運営されているのだろうか。。。

d0010869_1564998.jpg
[PR]

by endodyssey | 2008-08-29 22:16 | 日々事々
2008年 08月 26日

宮崎料理、冷や汁

Australiaから一次帰国した友と宮益坂にある宮崎料理屋で乾杯。

近況報告及び大学サークルのメンバーはどうなったかなど語ったり、過去現在未来について美味しい宮崎産料理を交えて楽しく語り飲みました。

サラダチキン南蛮鶏料理魚料理を経て冷や汁にたどりつく過程はドラマ仕立てのように鮮やかでした。

焼酎も美味く、素晴らしい会でした。いつも彼と飲むときは美味しい料理ばかりを選択しています。

Australiaと日本という違うフィールドながら互いの活躍に刺激を受け今後も頑張っていきたいです。
[PR]

by endodyssey | 2008-08-26 22:14 | 日々事々
2008年 08月 17日

東京湾1周旅行

日曜日は青春18切符とフェリーを使って東京湾を1周してきました。
東京駅をスタートして千葉方面に向かいます。目的地は房総にある鋸山です。
ここに登ってから温泉&食事して、フェリーに乗って久里浜に着いた後
再び東京に向かうというもの。総武快速横須賀線乗り鉄の旅と言い換えてもいいかもしれません。

東京駅からは君津行きに乗れたのでここまでは順調に過ごせました。とはいえ、80分かかっています。
君津で電車を30分待って浜金谷へ。到着したら、雨が降り出しました。

徒歩で向かうこと数分でロープウェイ乗り場へ。4分で頂上です。
鋸山は300mとそれほど大きい山ではないですが良質石材の産地として、江戸時代から盛んに採石が行われた
場所であったり、日本寺という見所溢れるものがみれたりします。
ロープウェイ降りてから、道を下り日本寺に進みます。

ここの見所は地獄のぞきという石切場跡の絶壁の上に突き出した岩盤。垂直に切り立った断崖絶壁さ加減は
日本有数でしょう。吸い込まれそうな光景です。
地獄のぞきからてくてく下りの階段を降りて開けた場所に日本寺大仏で、こんな山の中の中にどうしてこんな
どでかい大仏が作れるのだと思いつつも圧倒的な存在感にお参りをせざるをえません。

ここでおみくじも引きましたが末吉でした。

帰りはロープウェイを使わず、歩いて下りましたが急な下り階段で足がガクガク。ひざが笑う体験をこんな
場所でしてしまいました。幸運にもこの日は気温も低く過ごしやすかったので登山には向いてました。

下山後、食事&温泉を堪能です。食事所と温泉場が併設されている複合施設に行ったので胃を満たし
汗を落とし、ビールで〆るという極楽気分を味わいました。
漁師料理かなやでは凍結ビール(ジョッキが凍っている!)やぜいたくなめろう丼(鯛・平目・目鯛・その他旬の魚と
活貝をなめろう丼にした品)、そして活貝や活魚が美味な舟盛を味わいつくしました。
温泉では露天風呂サウナ水風呂と登山の疲労を落とし、再び凍結ビールでフィニッシュ。

さて、今回の旅は東京湾1周です。三浦半島を抜けていかなければなりません。600円を支払いフェリーへ。
浜金谷⇔久里浜は35分で到着なのであっという間ですが、船内の豪華さに感銘を受けました。

久里浜は京急のほうが栄えているのですが、18きっぱーとしてJRのほうへ。
まさか横浜駅まで1時間もかかるとは思いませんでした。

こんなわけで、1周旅行を堪能しました。
[PR]

by endodyssey | 2008-08-17 22:13 | 旅行
2008年 08月 16日

迷宮の国アリス

銀座で何を食べようかなと思ったら目に付いたのが
アリス。確か、先月ぐらいに知ったコスプレ居酒屋ではないですか。店員がアリスの
格好で迎えてくれるという。

コンセプトが"不思議な国のアリス"と"ゴシック&ロリータ"というダイニングレストランということで
なかなかオシャレさとミステリアスさが混在した飲み屋でした。

今回食べた料理は次のとおりです。

★ワンダーランドコース 全6品 3,500円

【食前酒】
◆この味はチェリーパイ?カスタード?パイナップル?
 飲みすぎて小さくなっちゃった◆
アリス特製ブルーカクテル

【アミューズ】
◆箱に入ったビスケット これを食べたらどうなるの??◆
クリームチーズと空豆のパテブルスケッタを添えて

【サラダ】
◆泣いたと思えばもうにっこり おかげで涙大こうずい◆
海草とカクテルシュリンプの宝石サラダ


【パスタ】
◆わしはきっかり7センチ いもむしおじさんのせいくらべ◆
茄子とパンチェッタのシチリア風トマトクリームペンネ

【ヴィンセント】
◆フラミンゴのバットにはりねずみのボールで 女王様がクローケー◆
鶏もも肉のロースト 夏野菜のスィートチリソース

【デザート】
◆きらきらひかるこうもりさん いったいおまえはなにしてる
 このよをはるかにしたにみて おぼんのようにそらをとぶ◆

アリスの手作り 3種盛り合わせ

この名前をアリスコスプレ店員がいちいち説明してくれるのでした。

店内は暗闇に溢れ、テーブルにはろうそくが。薄暗い中飲み物を注文するのでした。
客層はカップルと女性客がメイン。コスプレ居酒屋で店員がかわいい中、男女比が
2:8くらいなのは銀座ならでは。秋葉原にあったらアレな人種が来て非常に空気が
変わってしまうでしょう。

またこういうコンセプトの店に行きたいなと思いました。

FANTASY DINING 迷宮の国のアリス
〒104-0061 東京都中央区銀座8-8-5 太陽ビル5F
TEL 03-3574-6980

金・土・祝前 17:00~04:00(L.O.03:00) 
http://www.diamond-dining.com/alice/index.htm
[PR]

by endodyssey | 2008-08-16 20:12 | 日々事々
2008年 08月 16日

free cafe 播磨屋

虎ノ門近くにある播磨本店東京店に行ってきました。
こちらで無料でおかき食べ放題&飲み放題のカフェ「free cafe 播磨屋」が
やっているという(某G様)情報で知ったので土曜の夕方に行ってみました。
(おかき専門店「播磨屋本店 東京本店」が今年の1月からおかきはすべて無料、
飲み物もすべて無料というセルフサービスのカフェを始めたということでした)

店内は立地上霞ヶ関の近くなため、土曜の夕方は席がぽつぽつ空いていました。
店の雰囲気はよく、童謡の調べがBGMで流れながら、おかきの味を楽しめる空間が
できており、おかき好きにはたまらない場と味が楽しめます。個人的には
カレー味が好みでした。

この無料カフェは「播磨屋本店 東京店」は、オフィスビルの1階に併設されたもの
なので、カフェで試食して本店のお土産コーナーで買うという流れで考えると
無料の意図がわかってきます。

店員さんのこまめの配慮がなされている無料カフェの空間が今後どれくらい維持されるか
広告宣伝口コミとしてメリットがどのくらいあるのか考えてしまいますが、
非常に素晴らしい味と空間ですので、できる限り続けてほしいなと思いました。

■free cafe 播磨屋
東京都千代田区霞が関3-8-1虎の門三井ビル1F
営業時間:午前10時~午後7時
定休日:日・祝(12月は除く)
http://www.harimayahonten.co.jp/index.html
[PR]

by endodyssey | 2008-08-16 17:10 | 日々事々
2008年 08月 12日

ラモスの店

今日のランチはブラジル料理。何とラモスの店でした。

実は初めて食べるブラジル料理だったかも。ソーゼージの炒め物は肉ありサラダありで満足満腹な料理。これで1000円は立地も考えれば安いかも。

食事中にラモス瑠偉本人登場。しかし他のお客さんは平然と食べてました。あんまり気づいていなかったかも。

会社の近くにあるイタリア料理がジローラモ経営でブラジル料理がラモスということで、南青山のお洒落さを改めて感じました。

最近は弁当が多いですが、今後はもっと店を開拓していこうと思います。
[PR]

by endodyssey | 2008-08-12 19:09 | 日々事々
2008年 08月 10日

SUMMER SONIC08 第2日目

SUMMER SONIC08
2008年8月10日 千葉マリンスタジアム、幕張メッセ

THE TING TINGS [MOUNTAIN]
VAMPIRE WEEKEND [MARINE]
MUTEMATH [SONIC]
POLYSICS [MOUNTAIN]
CRYSTAL CASTLES [DANCE]
JUNKIE XL [MOUNTAIN]
AGAINST ME! [SONIC]
BOOM BOOM SATELLITES [MOUNTAIN]
JUSTICE [MOUNTAIN]
SPIRITUALIZED [SONIC]
ALICIA KEYS [MARINE]
COLDPLAY [MARINE]

***

疲れから起きるのが遅くなり、会場に着いたのが11時ごろ。
最初に聴こうと思ったのがキョンキョンこと小泉今日子SPECIAL BANDだったのですが、入場規制がかかり聴くことができませんでした。
何でもライブ開始の1時間前であれば大丈夫だったので、あと30分早く来れば聴けたということでちょっと残念。
というわけで、前評判の高かったTHE TING TINGSを聴きに幕張メッセに向かいました。



■THE TING TINGS

MOUNTAINというでかいステージでありながら音がバンバン出ていて気持ちよかったです。女性ボーカルと男性ドラムという構成ながらいろいろ楽器を代えてバリエーションを多く出していたり、ボーカルの声の伸びが良かったりキョンキョンが聞けなかったショックは吹っ飛びました。いきなり初っ端からアタリを引いた感じです。



20分ほど聴いてマリンへ移動。振り返るともう少し我慢していても良かったかも。しかしこの日のテーマが最初の曲を必ず聴くという感じだったので、これはこれで良かったです。


■VAMPIRE WEEKEND

名前から想像してもっと骨太な演奏を予想していたのですが(視聴せず、予習せず)、キーボードが前面に出てかなりキャッチーなバンドでした。これがマリンの昼間の青空に映える映える。この日はスタンドで観戦しましたが曲を聴いていてアルコールがちらついてついビールを買ってしまいました。飲んだ後、アリーナへ移動して最前列でバンドを見て楽しみました。



またまた幕張メッセへ舞い戻りました。この日の個人的大注目バンドMUTEMATHが登場するんですが、これがとんでもなく素晴らしかったです。

■MUTEMATH

スタッフが音調整(スーツを着ていました)をしているかと思ったら本人だったという吃驚のスタート。ボーカルがキーボード上からジャンプして始まったステージでしたが、もう途中からのパフォーマンスがとんでもなかった!ボーカルが太鼓叩いたり、ベースがドラム叩いたり、やりたい放題。しかし演奏は超絶でカッコいい!途中で鍵盤の上で逆立ちを始めるし、ありえない事が行われ続け度肝を抜かれました。間違いなく本日の個人的ベストアクトです。



焼きそばを食べた後、ちょっと時間があったのでPOLYSICSへ。

■POLYSICS

POLYSICSは日本のバンドだったのか。と感じた後、頭の片隅にDEVOの影響を受けた日本のバンドという文字がちらりと浮かんだり。最後の 2曲を聴けましたが、最初に聴いたBaby Biasが印象深かったです。キーボードが声が特徴ありますが、無機質な感じでギターボーカルがはっちゃけているというコントラスト。この曲はクラリネットを壊しちゃったに似てますね。



この後、迷走が始まります。予習ができてなかったのと、幕張メッセと千葉マリンの会場がちょっと離れているので移動疲れを考慮したらというところです。311を聴きにいったら違う未来が開けたでしょうか

■CRYSTAL CASTLES

演奏は良かったですし、音楽的にも非常に素晴らしかったため、なるほど多くの人が薦めてくるのもわかったのですが、いかんせん女性ボーカルの絶叫のようなキンキン声が身体に受け付けなく3曲ほどして撤収。

■JUNKIE XL

これもいいぞという評判を受けたのですが、DJプレイでマウンテンはちょっと。後ろのほうで寝ている方々と一緒に音楽を身体で浴びながら寝ました。ちょっと疲労のピークがこの時間帯に襲い掛かります。

■AGAINST ME!

目当てのBOOM BOOMまで時間があったので20分ほど聞きました。ちょっとほかのバンドとは異質な早弾きゴリゴリでした。



というわけで幕張メッセタイムが続きまして3組つまみ食いしてました。10~20分聴いて自分に受け付けなかったら、すぐ抜けるというのもフェスの魅力ですな。

■BOOM BOOM SATELLITES

珍しく生で聴きたかった邦楽バンド(ユニット)。いい意味でDVDのパフォーマンス通りだったので、心地よく踊れました。ギターの音と歪ませたノイズ音が絶妙で音の幅が大きいのがいいですな。今後も追いかけたい1つです。次は単独ライブに行きたいぞ。


■JUSTICE

十字架のステージは見ごたえあり。聴かせるというよりかは踊らせるにあるので、前のほうは踊りまくりだったではないでしょうか。大体15分ほど見て移動。


■SPIRITUALIZED

アリシアと迷って一目見ようと思って聴きにいったのですが、やはり自分に合わず。予習が必要ですねぇ。演奏自体の質は噂に違わず非常に良かったです。




ここでマリンへ移動。たこ焼きお好み焼き焼きそばという炭水化物セットという腹に溜まる以外に特徴がない物を食べてからマリンに突入。


■ALICIA KEYS

マリン球場が巨大ブルーノートに変身を遂げるほど他のグループとは一線を画すライブクオリティ。とにかく声が出る出る。華がある、オーラもある。盛り上げ方を知っている。中盤疲れたのでスタンドで寝てましたが、非常に気持ちよかったです。後半の煽りっぷりも素晴らしい。一度物は試しにで聴いてみたらはまってしまったという好例です。


■COLDPLAY

今日のトリです。COLDPLAYは3年前に偶然聴いてから、ライブで聴けるのを楽しみにしていました。但し、盛り上がり一辺倒のロックバンドではないので、夜空を見ながらまったり聴ければいいやという感じでしたが、大体予想の範囲に落ち着きました。自分の好きな曲もやってくれたし、なぜか SMAPの世界に1つだけの花を演奏したり、ALICIAと共演したりと予想外なところもありましたがサマソニの〆としては非常に素晴らしいバンドでした。



というわけで2日間を楽しみました。
今回初めて聴いて単独ライブで聴きたいのは次のとおり

YELLE、JOHNNY FOREINER、DEATH CAB FOR CUTIE、THE VERVE(叶わないでしょうが)
THE TING TINGS、VAMPIRE WEEKEND、MUTEMATH、POLYSICS、BOOM BOOM SATELLITES、ALICIA KEYS

こうやって自分が聴きたい音楽を発見できるのがフェスの醍醐味ですね。今回、Perfumeが出るので重い腰を上げて
サマソニ初参戦でしたが、いろいろな音楽を楽しめました。Perfumeの未熟なところもよくわかりました。
来年は面子しだいですが、行こうかなと思います。
[PR]

by endodyssey | 2008-08-10 23:08 | 音楽