カテゴリ:ギター( 4 )


2008年 02月 03日

堀井義則ギターリサイタル<私のお気に入り・みんなのお気に入り>

d0010869_18315147.jpg


●第1部●
1.雪のパストラーレ(B.テルツィー)
2.11月のある日(L.ブローウェル)
3.タンゴアンスカイ(R.ディアンス)
4.ミ・ファボリータ(スペイン民謡)
5.トナディーリャ(A.バリオス)
6.練習曲ニ短調と舟歌(N.コスト)
7.ラグリマとアデリータ(F.タレガ)
8.グランホタ(F.タレガ)
●第2部●
1.コンポステラの歌(作者不詳)
2.ゴヤの美女(グラナドス)
3.フリアフロリダ(A.バリオス)
4.ワルツNo.3(A.バリオス)
5.雨だれ(リンゼイ)
6.ノクターン( ヘンツェ)
7.マリアルイサ(サグレラス)
8.オルガに捧げるプレリュード(J.モレル)
9.フェリシダージ(R.ディアンス編)
●アンコール●
・音楽の小箱(I.サビオ)
・コユンババ(C.ドメニコーニ)
[PR]

by endodyssey | 2008-02-03 23:50 | ギター
2007年 12月 02日

おさらい会

土曜に年に一度のギター発表会がありました。

今年は非常に練習をしないできない年で、3ヶ月、4ヶ月とギターを触らない時期があり、昔の情熱はどこに行ってしまったのだというくらい、自分とギターとの距離感は遠のいてしまったわけですが、人前での演奏を果たすことができました。

当初はメルツのウェーバーの主題によるカプリスを演奏することに決め、3月頃から少しずつ音をさらっていたのですが、全然覚えられず、気力は萎え、ギターを弾きたくなくなるという悪循環に入り、2ヶ月前に急遽大昔に演奏したデュアートのイギリス組曲第1楽章に変更し、あとは覚えた運指を取り戻す作業を突貫で行い、本番に入るという綱渡りの状態。

演奏時間1時間前に練習でやっとエンジンがかかってきて、この感じならもう少しちゃんと練習していれば、聴衆に納得のいく演奏が届けられそうだなと思うも後の祭り。

自分の演奏を客観的に文章で書くというのも非常に難しいものですが、事実としては数箇所音符間違いを犯し、迷子になるものの本線の道を見つけてなんとか止まらずに演奏できたということでしょうか。そして、緊張すると普段できていた簡単なところで崩れたり。

ただ、聴いてくださった方々から非常にポジティブな暖かい言葉をいただいたので、もうちょっとギターに身を入れてやらないとなぁと感じました。

合奏では、綺麗にまとめられたというか、曲の難易度がそれほど高くないのでテンポが整えられれば問題なく、本番でもしっかり収まったのでこちらも無事終わって良かったです。

それにしても教室の皆さんの演奏の上手いこと。これに刺激を受けて自分の練習に身が入ればよいのですが、予定は未定。

その後、打ち上げ、2次会、3次会と巡り午前4時20分で終了し、始発に乗って家に帰りました。頭が痛い。
[PR]

by endodyssey | 2007-12-02 06:42 | ギター
2007年 01月 13日

ギター文化館に行ってきた

d0010869_13451535.jpg


茨城はつくばの北に位置するギター文化館。噂はかねがね聞いていたが、これまで行った事がなかった。ようやく本日行くこととなった。

午後2時からミニコンサートありということなので、午前中は筑波山へ。およそ17,8年ぶりに訪問。昔は歩いて登ったんだよな~と思いつつロープウェイで登頂完了。空は雲ひとつない快晴で、なかなかの見晴らしに感動。山はいいやね~。昼はすいとん定食。

筑波山の後は、ひたすら北上して道に迷いながらもなんとかギター文化館にたどり着くことが出来た。

名器の数々もさることながらホールの特性がすばらしい。ギター内部に迷い込んだようで。6年前に長野の奥志賀に行った時のホールを思い出したり。
ミニコンサートは佐藤純一さん。自分のギターと館内のギターを弾いて音色の違いがはっきりとわかった。

その後、自分のギターを見せたり、ホールで演奏してもらったり。

このホールは普通に話していても反響してアンプを使っているかのごとく音が増幅していくのがすばらしい。

その後、近くにあるアルカンヘルギター館に行って館長のディープな話を聴いて。ああ夜深し。

グッシュグシュ濃密な12時間で疲れたものの充実した一日でした。休みを休みとしてきっちり使えたのでよきかな。

d0010869_13453761.jpg

[PR]

by endodyssey | 2007-01-13 23:27 | ギター
2005年 11月 29日

チェコ製ガラス爪ヤスリ~BLAZEK

土曜日に爪ヤスリを探したのだが見つからない。
そのため、日曜日にコンクールに行った際、ガラス製爪ヤスリを購入した。
チェコ製というのでなるほどと思った。チェコには2回訪問したが、ガラス細工が
非常に優れた技術であるからだ。

ガラス製爪ヤスリを購入した後、ヤスリに関しては資生堂の爪ヤスリがいいよという
アドバイスをもらったので、調べてみたがなぜかチェコ製ガラス爪ヤスリに
ぶち当たった。

もっと詳しく調べてみるとBLAZEK社がその美しく素晴らしい製品を作っているようだ。
持つ部分に色合いを持たせ、透明なガラス部分に彩りを添えている。

現在、1本購入したわけだが、よく無くしてしまう爪ヤスリだ。いくつか気に入ったものを見つけてコレクションしていきたい。

ちなみに日本語表記だとブラジェークのようだ。チェコ語を調べてみたらblazekでzにアクセントのようなものがついてこれでzye(ジェ)と発音するようだ。
チェコ代表にもブラゼク(ブラジェク)がいてブラジェークだとガラス爪ヤスリだが、ブラジェクだと両方が出てくる。こうやって調べていくのも面白い。
[PR]

by endodyssey | 2005-11-29 11:57 | ギター