2008年 09月 26日

幸せの1ページ

「幸せの1ページ」を観てきました。ジョディ・フォスターのこういうコミカルな演技も光りますなぁという映画でした。外の世界から閉ざされたアレクサンドラ・ローバー(ジョディ・フォスター)が無人島に突き進み、その都度リミッターを外していく様はその流れがわかっていても見ていて面白かったです。人生と行動力と勇気と誠実さかな。
しかし映画を動かしていたのはニモ役のアビゲイル・ブレスリンかな。
[PR]

by endodyssey | 2008-09-26 23:56 | 日々事々


<< RADIOHEAD in さい...      氷室京介20周年記念ツアー20... >>