長期放浪冒険旅行

endodyssey.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 06日

デトロイトメタルシティ

原作が圧倒的に好きなので、どこまで実写が迫ってきているかという視点から観てましたがなかなか忠実に描いてました。

良かったところ
・クラウザーさんが街中で躍動して、一般市民が恐れおののいていたところ
・甘い恋人が超絶格好良く、アレンジされていたところ
・遊園地の戦隊モノのお約束シーン
・テトラポットメロンティがなかなかいい配役
・公然猥褻カットを忠実に再現

駄目だったところは下記のとおり
・カミュの変態っぷりが足りない
・お洒落四天王と相川さんのデートを知って嫉妬に狂い、曲(メス豚行進曲)を作らなかったところ(恨みはらさでは作ったけど)
・東京タワーをレ○プするシーンがなかった
・部屋を社長に改装されるところで隣のおじさんを調教しなかったところ(相川さんが尋ねてきてしまった)
・お洒落四天王をボコボコニしなかったところ
・金玉ガールズの扱いがひどい。いや、大阪のスカトロメタルバンド・デズムなんてほとんど皆無。詰め込みすぎたか
・no music no dreamにこだわって、感動物語に作りすぎ。メタルとお洒落の葛藤での振り幅が命
・クラウザーさんが相川さんを助けたところでDMC信者から「クラウザーさんがレ○プしてるぞー」という突込みがほしかった。

あとは相川さんがクラウザーさんの正体が根岸だと知ってあのように作るのは悪くないんだけど(クラウザーさんに最低連呼&助けられる)、最後のステージに上がるのはナシだなー。あとは楽屋ネタを増やしてほしかったかな。

笑わせるポイントはちゃんとあったので、思った以上に楽しかったです。
マツケンは根岸のキモいところが出てて良演技でした。

あとはタワレコなりHMVなりかなりこの映画に協力的なのね。電通まで出てきているし。

go to DMC!!メタルモンスターですなぁ。
[PR]

by endodyssey | 2008-09-06 23:41


<< ミュージカル:ONE ~ひとつ...      和メリカン >>