長期放浪冒険旅行

endodyssey.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 12日

[書評]とてつもない日本

とてつもない日本
麻生 太郎 / / 新潮社
ISBN : 410610217X




第1章 アジアの実践的先駆者
第2章 日本の底力
第3章 高齢化を讃える
第4章 「格差感」に騙されてないか
第5章 地方は生き返る
第6章 外交の見返り図
第7章 新たなアジア主義

日本国元外務大臣だった麻生太郎の著書。これは日本という国がどれほど世界に影響を与えているすばらしい国であるか、その国に住んでいる日本人に語りまだまだこの国は捨てたものではない、まだまだすごい底力を秘めている国だということをポジティブな視点から語られている。

現在のネガティブな面も現実に即して改善していこう、または考え方を改めようと伝えている。
ニートに関してはサラリーマン以外の選択肢がない魅力的な社会だから生まれているが、それは悪いではなく残念な状況だとする点や高齢化社会は老人力が発揮される社会に考えを変えるというのはその例。

第7章の展開は総理になって(2008年現在)、実現させてほしかった。金をばら撒いているだけではなく、世界のために実のあることをしていく姿が日本のためになるという姿勢を外交の結果から表していることも理解した(中央アジアとの関係、CLVと日本など)。

麻生氏はこんなすごいことを行ってきた日本なんだから、世界にどんどん活躍できると真に思っていること。それが政治家レベルでいるという点がわかったという点もこの本の収穫。
[PR]

by endodyssey | 2008-01-12 14:28 |


<< Give5乗      タイ、カンボジア、ラオスの旅 ... >>